竹とんぼ

 中国で誕生したとされる竹とんぼ、日本にも伝わり平城京遺跡からヒノキ製の「木とんぼ」が見つかっているそうです。

今私たちの知っている竹とんぼは羽の長さが10センチ前後、軸の長さは12センチ前後のものが普通です。

しかし最近では材料の竹が手に入り難いし、ナイフを使う物づくりの機会も少ない時代です。

子供たちが手作りの竹トンボを空高く飛ばす風景は、今ではなかなか見られなくなった気がします。

 

ブラトンホ゛(プラスチック板製トンボ)の作り方

 ここではプラスチック板で作る「ブラトン」の作り方を説明します。作り方は簡単です。

材料:

 ①一例として下敷きなどのプラスチック板を用意する

   ※PP(ポリプロピレン)製 0.75㎜ぐらいの板が加工し易い

 ②竹串(先端が鋭いのでハサミで少し切っておく)

 

作り方:

・長さ10センチ(ぐらい)幅3センチ(ぐらい)の羽根の図案を型紙として描く(下の参考例)

・次に型紙の上に①のプラスチック板(プラ板)を置き、その上に油性ペンで図案を写し取る

・写し取った線に沿ってハサミ(料理ハサミなど)でプラ板の羽根部分を切り抜く

・羽根の中心点を決めキリで穴をあける

・開いた穴に竹串をねじ込む

 ヒント:穴が大きすぎると竹串が空回りするので、穴は小さめにしてカッターで「ちょっと」

                    切り込みを入れてから竹串をねじ込むとよい

・最後に羽根の両端を持って30~40度くらいのねじり角度をつければ出来上がり

・羽根の形は自由ですが、初めはハサミで切り抜き易い形から始めてみましょう

 

(羽根のイメージ参考例)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊び方の例:

プラトンは軽いので思いのほか良く飛ぶと実感されるでしょう。

そこで「キャッチ トンボ」を試みて下さい。

トンボの軸を少し斜め前に向けて軽く飛ばすと水平移動します。

向き合った相手は飛んできたトンボの軸を両手で挟み取り、次に相手に向けて同様に飛ばします。

キャッチボールではなく[キャッチトンボ」です。

3~4人ぐらいで輪になってトンボを回し飛ばしさせると楽しいひと時請け合いです。