お手玉

お手玉の歴史(ネットからの引用)

 紀元前5世紀にリディア人によって発明され、ギリシャにもたらされたものが世界最古のお手玉遊びと見られています。

現代と違って羊の距骨(かかとの骨)を使って遊んだようで、これはやがてシルクロードを通りインドや中国にも伝えられました。

アジアでは羊の距骨のかわりに身近にある小石を使うようになり「石なご」という遊びになりました。

東はポリネシア、ミクロネシア、日本にはじまり、韓国、中国、中央アジアを経て、西はヨーロッパ、イギリス、アメリカ、南はアフリカ、オーストラリア、北はアラスカ、シベリアなど世界各地に広がっていったと考えられています。

日本では、聖徳太子が使っていたといわれるお手玉があります。

それは水晶で造られていて「石名取り玉」(いしなとりだま)と呼ばれているもので、東京上野国立法隆寺博物館に保管されているそうです。

 

遊び方

 お手玉の遊び方は、『振り技』(ゆり玉)といって、何個かのお手玉を手でゆりあげて(上にあげて)遊ぶ方法と『拾い技』(よせ玉)といわれるもので、奇数のお手玉を床にまき、そのうちの親玉をゆりあげながら残りのお手玉を寄せ集めたり、手でつくったトンネルを潜らせたりする遊び方の大きく二つに分けることができます。

実際はいろいろな形を組み合わせて易しい技から難しい技まで様々なものがあります。

楽しく何時でも何処ででも出来るお手玉は、健康面でも反射神経やバランス神経を刺激、発達させるなどの成果が期待されるスグレモノです。

子供だけでなく高齢者にとっても手軽に楽しめる素晴らしい「歴史のある遊び」でもあります。

 

形と作り方
 お手玉の形には座布団型、俵型、枕型、かます型などがあります。

「日本のお手玉の会」というのがあるそうで、ここではお手玉の基準を定めています。

参考までにその内容を(引用)紹介しておきます。

・お手玉は4.5cm×9.0cmの布4枚で作った座布団型。
・中身はアズキ40g。最近はアズキのほかにペレットでもよい。
(全国大会ではこの大きさと重量のものを使うが一般的には重さは厳密ではなく、40g前後)