​割りばしてっぽう

​割りばしと輪ゴムで手軽に作れる割りばしてっぽう。的当てゲームを楽しみましょう。

材料・用具

材料

割りばし 2膳半(長さ20cmぐらい)

輪ゴム 7つ(たまの輪ゴム1)

緑が組み立てるための輪ゴム。ピンクの輪ゴムはたま。説明しやすいように色つきゴムを使っていますが、普通の輪ゴムでもだいじょうぶです。

用具

定規

ノコギリ(なければ植木バサミでもだいじょうぶです)

作り方

割りばし2膳半は割って5本の棒にしておきます。

①~③の3本は長いまま使います。

④~⑥は1/2の長さに、⑦と⑧は1/4の長さに切っておきます。

ノコギリがなければ植木バサミでも切ることができます。

①の1本は10cm、12cm、18cmのところに線を書いて輪ゴムでしばる目印にします。先端にノコギリかナイフで目印の線を書いた面と並行になるように切り込みを入れます。ノコギリを使うにしろ、ナイフを使うにしろ切りにくいので怪我しないよう慎重に作業します。この切り込みはたまの輪ゴムを引っ掛けるためなのでV字型の切り込みでもU字型の切り込みでも構いません。それほど深くなくても大丈夫です。

①の棒を真ん中に、10cm の目印の位置で②と③の2本の棒で挟みます。

⑦の短い棒を12cmの目印に合わせて両側の出ている部分に輪ゴムをひっかけて交互にバッテンを描くようにして留めます。

⑧の棒も同じように18cmの目印に合わせて輪ゴムで留めます。

上から見たところ

下から見たところ。

しっかり固定されているか確認しましょう。

④の棒を使って引き金を作ります。

①の棒の後ろ側の端から1.5cmくらいはなして輪ゴムで留めます。

引き金の上の部分に輪ゴムをひっかけて、ぐるぐると十字に縛っていきますが、

引き金の下側がてっぽうの先端側へ傾くように角度が広い方に多くまきつけます。

最後に輪ゴムのはしを引き金にひっかけます。

最後に握るところを作ります。⑤と⑥を使って下から1cmぐらいのところでV字にかさね、引き金のときと同じように輪ゴムをひっかけてグルグルと巻いていきます。

握るところを②と③の間にはさんで、引き金のときと同じように輪ゴムをひっかけてグルグルと巻いていきます。

これで完成です。

先端の切り込みに輪ゴムをひっかけて引っ張り、引き金にひっかけます。引き金を引くと輪ゴムが飛び出す仕組みです。

先端の切り込みに輪ゴムを引っかけた状態。

さあ、試しうちをしましょう。